インドネシアMM2100工業団地

豊富で質の高い労働力により輸出拠点として発展、今後は内需市場の拡大が注目を集めるベトナム。高速道路、港湾、空港等の周辺の交通インフラ開発が進むアマタシティ・ハロン工業団地。

ベトナムは、1億人に迫る人口を擁し、豊富かつ質の高い労働力に加え、安定した政情を背景として、これまで輸出拠点として目覚ましい経済成長を遂げており、更に今後は中間層の増加による内需市場の拡大が期待されています。中でもアマタシティ・ハロン工業団地は近年高い成長率を遂げている北部湾岸エリアにあるクアンニン省に位置しており、省都ハロンと首都ハノイを結ぶ高速道路、ベトナム北部初の大水深港ラックフェン港、2つの国際空港であるカットビ空港、ヴァンドン空港等、近年急速に周辺の交通インフラが整備され、ベトナムへの進出を検討する輸出型、内需型いずれの企業の進出先としても注目を集めています。


▲完成予想図

アマタシティ・ハロン工業団地のメリット

大手工業団地デベロッパー Amataグループによる開発・運営
タイ、ベトナムで30年以上にわたって大規模工業団地を開発してきた大手工業団地デベロッパー Amataグループによって開発・運営される工業団地。
戦略的立地
ベトナムの主要輸入相手国である東アジア各国から地理的に近く、巨大産業集積地である中国華南地方とは陸路でアクセスが可能。
発展著しい周辺の交通インフラ
ハノイ・ハロン間高速道路の開通、ベトナム北部初の大水深港ラックフェン港の開港、2つの国際空港(カットビ空港、ヴァンドン空港)等、目覚ましい発展を遂げる周辺交通インフラ。
経済特区指定による国内最高水準の税恩典
本工業団地は経済特区の指定を受けており、進出企業は法人税の優遇等、ベトナム国内最高水準の税恩典を亨受することが可能。

ベトナム アマタシティ・ハロン工業団地

フォームによるお問い合わせ
ページトップへ